経営者限定よろず相談 クレーム対応等

経営者限定よろず相談 弁護士+公認会計士+医師などの 専門家・プロがチームを組んだ 「一般社団法人経営者を守る会」共同開催

ビジネスでのクレームやトラブルは、元をたどれば、その多くがコミュニケーション問題に行き着きます。
コミュニケーションのプロとトラブル解決のプロとのコラボレーションから生み出される
超解決的ノウハウをお教えします。

いとう伸 コミュニケーション教授

一般社団法人 経営者を守る会 理事 株式会社ヒューマンブレイン代表取締役 弁護士法人鈴木康之法律事務所 顧問 武蔵野学院大学 客員教授/宅地建物取引主任者

平塚俊樹 トラブル解決のプロ エビデンサー

一般社団法人 経営者を守る会 会長 証拠調査士 武蔵野学院大学 客員教授 

コミュニケーション不全から発生する様々なトラブル解決のお手伝いをします。
広く知られる象徴的な事例があります。
訴えられやすい医師の共通点は何かご存知ですか?
訴えられやすい医師の共通点それはズバリ、
患者・家族とのコミュニケーション不足だという明確な統計データがあります。

  • 「冷たいもの言いをされた」
  • 「接する態度が失礼」
  • 「ちゃんと話を聞いてくれなかった」等、

治療行為への不満よりも、診療時の応対の仕方が悪い為にトラブルとなるケースが多いのです。
このように、医師に限らず専門技術やサービスを提供するあらゆる職業において、
コミュニケーション下手(もしくはそれに対する意識が低い)な人ほど、
トラブルを誘発しやすいと言うことがいえます。
結果、トラブルに発展してしまうと想像を超える多大な損失が発生します。
その対応に費用と時間が膨大に掛かるのは勿論、
一番辛いのは訴えられた方が高い確率で心理的に追い詰められ疲弊してしまう事です。

これによりモチベーションは減退し、精神を病んでしまう悲劇も少なくありません。
さらに恐ろしいのは、風評被害にまで及び、
ブランドイメージ失墜や急激な売上げ減少で大きな経済的損失を招くことです。
ご自身に、会社に降りかかるトラブルには必ず原因があります。
その原因の最たるものであるコミュニケーションの問題について、
いとう伸と専門家チームがヒヤリングと診断、課題解決までの知恵をお貸しします。
接客クレームから労働問題まで、いとう伸が究極の営業で培った「風下に立たず丸く収める」
テクニックを駆使して貴社の大切な経営資源と資産を守ります。
尚、ヒヤリングに際しましては、ご希望の場合「守秘義務契約」を締結の上、
プライバシー保護には万全を期しておりますのでご安心ください。

対象者

法人、会社、病院、店舗、学校、自治体、自営業の中でトラブルを予防したいと思っている方、
既に問題に遭遇して弁護士や社会保険労務士に相談したものの進展無く困っている方。

特徴

営業のクロージングとクレーム対応のポイントは一緒です。

クレーム対応について

営業における交渉・クロージングでは相手に断る理由を口にさせた時点で限りなく失敗に近づきます。
「営業は断られてから始まる」というフレーズがありますが、あれは交渉技術のない方の言い訳にすぎません。
自分が一度口に出した言葉は深い暗示として潜在意識に入るので、
その壁を崩すのは至難の業となってしまうのです。
従って、交渉・クロージングの場合は断る理由を口に出させない様にするのが肝心です。
クレームも同じくお客様から「おかしいじゃないか!」と言われた段階で
既に深いクレームへの迷路に入り込んでいると言えます。
営業のクロージングと同じく、相手に暗示が入りますので解決まで手間がかかってしまうのです。
クレームは予め防ぐ=「予防」こそが重要です。

いとう伸のトラブル対策は予防の観点から、その為のノウハウやマインド、シナリオ構築について指導致します。
しかし、起こってしまった問題(自分には落ち度が無いケースも含めて)にはビジネス実務に精通する
法律のプロを始めとした専門家チームとコミュニケーションのプロがタッグを組んであなたの問題を解決に導きます。
業績アップには、モチベーションを上げる事ばかりに意識が行きがちですが、
モチベーションを下げている要因があるのならそれを排除すること。

それも、モチベーションビルダーの役割なのです。

会社経営は順調、でも家庭経営が・・・ 何故そうなってしまうのか?常に経営者の悩みの トップを占める問題にお答えします。

経済的な成功、社会的な成功、様々な知識の蓄積と多様な体験の蓄積、
それらから生み出される優れた知恵をもってしても、うまくいかない問題があります。
経営者に代表されるリーダーにとって、もっとも頭を悩ませるものが家庭問題です。

「プロフィール」でもカミングアウトしていますが、いとう伸もそのひとり・・・でした。
過去形なのは、もちろん、スッキリ解決できたから。
家族の問題が増え始めたのは産業革命以後、
住むところと働くところが切り離された事に始まると言われています。
空間・時間・情報・感情を共有できない事が大きな原因なのです。
さらに男性女性という性差から生じる意識と価値観のズレ。
世代差からくる習慣と価値観のズレ
会話が成立しない、意思疎通ができない、相互理解が壊れる。
当然の事実である価値観の相違が受け容れられない。
こうなると最悪の道を辿ります。
承認欲求への不満から奥様(幹部社員)が吐き出した不平不満が
そのままそっくり子供(社員)に刷り込まれます。(*家族経営のケース)

父親(経営者)への理解が消え、尊敬する気持ちはなくなり、家庭(社内)が冷え切って荒れて行く・・・

夫婦間においても、親子間においても、一方通行ではない、他者受容と相互理解、
つまりコミュニケーションの成立こそが基本です。
営業を人間心理の理解から極めてきた、いとう伸が家族間のコミュニケーションについてアドバイスを差し上げます。
また、家族間の問題から、親の介護、いじめ問題まで、警察、医療、法律、教育のプロを始めとした
あらゆる実務に精通した専門家とコミュニケーションのプロがタッグを組んであなたの問題を解決に導きます。

ご依頼から実施の流れ

すぐ相談したい方

まずは、メールで相談内容をお知らせください。
その後、株式会社ヒューマンブレイン都庁前オフィスか、一般社団法人経営者を守る会までお越しいただき、
そこでご依頼内容をお聞きして、解決へのプランを提案させていただきます。

もっと詳しく知りたいけど、いきなりはちょっと・・・という方

経営者よろず座談会
不定期開催 18時〜21時
定員 10名
参加費 1万円
場所 株式会社ヒューマンブレイン都庁前オフィス
テーマを特に設定せずにいとう伸と共に歓談する、明るい経営者限定の座談会です。
飲み物(ビール・ワイン・コーヒー)付きでリラックスした雰囲気の中、参加者同士が
交流しつつ、知恵を共有できる空間です。

イベント日程の確認はコチラ
>>CONTACT ご依頼.お問い合わせ、取材.出演依頼はこちらから!!

ヒューマンブレインいとう伸サイトTOPへ